良い点ばかりあげて他を下げるのだけはよくないと思ったので欠点を

取り巻きが限定的になる。改善をしにくいというのは並びの限界を迎えやすいということ

 

 

 

 

 

 

 

 

他に考えたけど無いですね。最強の並びだぁ(恍惚)

で勝ちたい人へ

ロップムドー@4

ここから組みましょう。ロップの裏の鋼はムドー以外ありえません。

家具屋は不利対面zで終わります。ムドーは頑丈を盾に相手のzを抑制できます。故に多少無理のあるウサギ引きが通しやすいです。これだけで大きく違います。

現環境を支配しつつあるメタグロスに後手後手に回る面も劣っています。グライオンに大きく隙を見せるのも非常にマイナスです。

対カプテテフへの性能以外に勝てる面は無いです。そのテテフも受けに回った処理ルートは弱いです。対面から殴って倒す考えの方がいいです。

耐久及び回復力の乏しさからいらない場面で読む必要が多く出てくる面もかなり不安定性に拍車をかけます。

つまりロップがカグヤの介護しなくちゃいけなくなるんですよこの並び。

反面ロップムドーはムドーが介護側に回れてロップの動きやすさが段違いです。両方使ったことがあるので断言できます。

7世代のロップ軸は安定行動で勝てます。それを放棄しないで

 

箇条書き気味なので後日真面目に書き直すかも

 

日記

最終更新見た後に潜るあれ凄い楽しいよね

高レートでの試合でも一方的でしょうもなかったり、プレイングが宇宙人のそれだったり、熱い対戦だったり色々あるんだよっていうのをリアルタイムで見せることができる生配信って凄く面白いって思ってる。

だから自分がいま見せる側になってるのも楽しいし毎度毎度見てくれてコメントしてくれる人、黙って眺めてくれる人、寝落ちしてる人、その全てに感謝してます。

 

 

ポケモンがどうしようもなく楽しいから配信モチベもかなり高かったという話でした。

s10

特別な感想はなし

1ページ目は素直に嬉しい

新しいものに挑戦したい気持ちとまだ戦えるのではという気持ちのせめぎあい

 

 

まあゆっくりと考えます

行動誘導誤魔化しサイクル

自分が7世代で重視しているのが行動誘導。この言葉だけ聞くと相手依存で不安定なものに感じる。なのでここに誤魔化しという大きなプラス要素を加える。

 

行動誘導誤魔化しサイクルとは端的に言うと相手の動きを限定させつつ例外にも対応しきれる並びのこと。

詳しい説明を加えながら強みを解説していく。例えば何かしらの物理型ポケモンミミロップが対面している時こちらが不利な対面をしているなら当然こちらは裏のエアームドに引きたい。相手視点からしてもエアームドに引かれるだけで対面不利になりディスアドバンテージを取られかねない。そこで相手は釣り交換も視野に入れるというところにミミロップの身代わりという技が相手の釣り交換or居座りの両対応の誤魔化し要素になるということ。更には裏にいるエアームドという存在が相手の特殊高火力に引いてアドバンテージを取りに行きたいという行動の誘導に繋がる。ここらが簡単な行動誘導誤魔化し要素である

次にそれらを形成できるポケモンの特徴。今使ってる並びを見るとシャンデラミミロップグライオンアーゴヨンカビゴンエアームドと有利不利がかなりはっきりしたポケモン達で形成されている。単体性能が高すぎず低すぎずの中スペックポケモンを並べることでこの行動誘導という相手視点の動きに繋げられるのである。

こういう並びを作る上での核は相手依存サイクルのどこに誤魔化しの要素を含ませるかにある。誘う水に対して草打点(無反動)を打てる炎タイプだったり釣り交換に対する耐性をつける身代わり、頑丈・襷を縦にした不利対面での居座りから無理やりの展開。などとパーティの様々な部分に自分にとって不利な事が起きた時のリカバーを要所につめて行く必要がある。

最大の弱点は言わずもがな選出の段階で択の連続になってしまう点。選出が噛み合えばスラスラ勝てるが逆に合わなければ一方的に敗戦となる。誤魔化しという要素が単体のパワーを下げてしまう点をまたプレイヤーの腕で誤魔化して行く必要がある。

 

このような極端な戦い方になる並びを6世代の頃から使い続け考え続けて今に至る。今ではこういう並びで勝つ喜びが大きくなってしまいなかなかトップメタを使う側に回れなくなってしまっているけど楽しくポケモンやれてるのでよしよしよしこぽけって感じですね。

 

╮(´・ᴗ・` )╭

 

 

決戦!dnsn

オフについては特筆することもないので某対戦について解説。

 

まず対戦台に座った時まあ震えてましたね。慣れてないし隣にはdnsnいるし。事前にもうやりますよーって話は聞かされてて心の準備はできてても緊張するわあんなん。

 

相手のパーティはテテフ、ランド、ゲンガー、ポリ2、バシャ、アシレ。見せ合い段階で絶望してました。こいつ僕のために並び組んできたんじゃないかってくらい重いポケモンのオンパレード。言い訳すると一番勝ちが望めそうな選出はカビグライシャンデラだったけど見栄えも優先してグライ→ミミロップに変えました。ただ別に舐めプという訳でなくミミロップでも十分勝てると考えての選出なので100%の選出であることは間違いありません。

 

テテフvsシャンデラ2手目の大文字は当たってたら負けてました。裏から出てくるバシャーモに加速されて3縦ルートが出来上がっていたのを分かってたかのように外してくれて僕の気持ちに答えてくれる辺り絆を感じましたね。

何とか望みを繋いで迎えたミミバシャ対面はもう即決しました。相手を信頼した膝打ちが通った時は勝ちを確信しましたね、、、なんで襷なんだよ!出てくるならメガor珠で考えてたのでメガしないし球やんとか思ってたら割と頭真っ白。そこで切り返すならどうするか考えた時c振りバシャならカビが膝耐えるからラス1タイマンするしかねえって安易に恩返し打ちました。これが一番良くなかったですね。地震打ってれば最後の滅び道連れの熱い択にできたので単純に立ち回りを反省。あとは初手にカビゴンを置いてテテフへの削りからシャンデラに繋いでれば結構いい感じだったなあとか色々。

 

まあまあ負けたけど盛り上がってたし何より普通に楽しかったのでね。終わったあとサーチしたらこの1戦が見たかったみたいな反応多くてにやにやしてました。

 

 

握手はしたけどホロバはされませんでした( ╯︵╰)

 

 

あらためてお疲れ様でした📣('ᴗ' )و